ウユニ塩湖環境保全プロジェクト

​ウユニ塩湖初の環境教育センター

Scroll down

ウユニ塩湖が今危機に晒されています。

Ing. Yoshihito Homma

Projecto YOSI代表

ボリビア国立UMSA大学客員講師

絶景の代名詞と言える南米、ボリビアウユニ塩湖。

​そのウユニ塩湖が今ゴミ問題に直面している。

これまで6年間ウユニ塩湖でガイドを行ってきました。

その中で見えてきたウユニ塩湖の報道されていない問題。

それがごみ問題でした。

爆発的な人気を誇り、世界各国から押し寄せる観光客、

成長し続ける町。

しかし、徐々に進むウユニ塩湖のごみ問題、そして環境汚染。

ウユニ塩湖は私にとっても特別な場所です。

その場所を守り、これからも感動を伝えていきたいと想い、

 

現地主導・現地還元・環境保全

この3つを大きな幹としたウユニ塩湖環境保全プロジェクト

「ウユニ塩湖初の環境教育リサイクルセンター」の設立に

​5年前より取り組んでいます。

​ウユニ塩湖初環境教育リサイクルセンターとは?

​4つ善の循環

環境保全

​プラスチックごみ、ゴミをリサイクルすることで環境への負荷を減らします。

​環境教育

​現地の子供達、そして観光従事者、を中心に「ごみ=資源」の意識変化を起こします。

​現地還元

​リサイクルしたプラスチックを車や家のエネルギー源として使用することができ、経済的負担を減らします。

​国際交流

​日本のみならず世界各国のボランティアや研究者の交流場所として機能します。

​環境と観光を両立したモデルケースへ

​ウユニ塩湖を「エコビレッジ・ウユニ」へ

この活動は決してウユニ塩湖の観光を減退するものではありません。

ウユニ塩湖を持続的な観光地へ。

一番の目的です。

環境保全・環境教育・現地還元、そして国際交流。

観光を促進しながら、環境も守る。現地へ還元する。

その持続可能なシステムが「ウユニ塩湖初の環境教育リサイクルセンター」です。

日本の国際協力や研究者も受け入れることができ、

違う切り口からウユニ塩湖へ誘致を図ることができます。

​ボリビア初の環境と観光を両立したモデルケースへ。

Meet The Team

Ing. Yoshihito Homma

Projecto YOSI代表

Universidad de San Andres de Mayor IIAT

Ministerio de Medio ambiente y Agua

  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon

本間賢人ProjectoYOSI代表、持続的な観光を意識しながら南米ボリビア、ベネズエラ、エクアドルを中心にガイドを行う。6年前よりウユニ塩湖のゴミ問題に解決に動く。現在はボリビア国立UMSA大学客員講師及びウユニ塩湖環境教育センタープロジェクト総括者を兼任。

ボリビア国立サンアンドレス大学。通称UMSA大学。ボリビアで最も歴史のある国立大学であり、本大学のIITA(工学研究室)は環境問題へのアプローチ、また技術開発に優れている。

最も重要なパートナー。

UMSA大学工学部教授兼IIAT

(応用技術研究所)所長、Prof. Pablo
UMSA大学IIAT

(応用技術研究所)講師 Prof. Luis

​ボリビア環境省、通称MMAyA。ウユニのゴミ問題についてダカールラリーで共同でブースを出すなど、沢山の協力をもらっている。今年5月正式にプロジェクトの締結を行った。

中南米旅行、中南米のこと、何かありましたら、

なんでもお気軽にご連絡ください。

​ご相談・お問い合わせはこちらから。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

ProjectoYOSI S.A

tel/ +591-73241121

mail/ yoshi@yosip.org

 © 2020 ProjectoYOSI. All rights reserved.