中南米旅行、中南米のこと、何かありましたら、

なんでもお気軽にご連絡ください。

​ご相談・お問い合わせはこちらから。

ProjectoYOSI S.A

tel/ +591-73241121

mail/ yoshi@yosip.org

 © 2019 ProjectoYOSI. All rights reserved. 

代表紹介

本間賢人

南米ガイド ガイド歴7年

​(ギアナ高地・ウユニ塩湖・エクアドル)

​ボリビア国立UMSA大学非常勤客員講師及びUMSA大学・環境省合同ウユニプロジェクト

「中南米」という素敵な場所。

東京農業大学国際農業開発学科卒

18歳のとき南米の映像(ベネズエラ・ギアナ高地)を見て自然保護・環境問題に対して興味を持ち、専門的に学べる大学へ進学。その後在学中にエクアドルへ2度環境問題のプロジェクトに参加。卒業後日本の自然保護の実態を経験するために小笠原諸島に行き、海洋センターでウミガメの調査に従事、その後エコツーリズムも学ぶために中米コスタリカに渡り、野鳥・ジャングのガイドとして最先端のエコツーリズムを学んだのちエクアドルの現地旅行会社へ。

エクアドル時代にガラパゴス諸島やペルー、そしてまだブームになる前のウユニ塩湖へ初めて訪れる。エクアドルからパナマに拠点を移し、夢であったギアナ高地でガイドを行いながらも引き続きウユニ塩湖との関わりを持ち続け、その中で初めてウユニに訪れた時に感じた環境汚染、そして南米各地に広がる環境問題に対してよりアプローチをしたいと思い、ProjectoYOSIを設立現在に至る。

Media​

​南米ウユニ塩湖。それは南米の中でも屈指の観光地です。日本から南米はとても遠い。何度も訪れることのできる場所ではありません。だからこそ、後悔のない、一生思い出に残る旅にして欲しいと思っています。その為に私は最大限お客様のご希望を聞いて、南米を好きになってくれる旅をお届けします。お客様だけのオーダーメイドツアー、南米の文化・食事・空気、すべてをお届けいたします。

ウユニ塩湖はいま環境汚染に脅かされています。絶景の代名詞ウユニ塩湖。ウユニ塩湖は環境問題に直面しています。その中でもウユニ塩湖・周辺のごみ問題解決は大きな課題となっています。Projcto YOSIではウユニ塩湖環境問題解決・改善を目指し、現地大学、環境省、市役所、そして現地ドライバーと連携し、ウユニ塩湖の持続的な観光地とするよう活動しています。Projecto YOSIが何よりも重視していることは現地の声です。国際協力・自然保護、環境保全の活動を行う際に度々現地の声を無視し、過剰な援助や必要のないものを送ってしまったりします。私は5年間、ウユニ塩湖で働くドライバーや教育関係者、現地の方にヒアリングを行い、今回のプロジェクト、ウユニ塩湖の環境保全、ごみ問題解決の実行・提案を決めました。現地主導のウユニ塩湖環境改善プロジェクト。絶景ウユニ塩湖の未来を現地の方々と一緒になって行っていきたいと思っています。

ウユニ塩湖を持続的な観光地へ。ガイドを行う中で見えてきた、ウユニ塩湖に潜む問題。

​ウユニ塩湖初の環境教育リサイクルセンター設立を目指し、現地関係各所と連携してプロジェクトを行っています。

Please reload