ボリビア・ウユニ塩湖インターンシップ活動#3


日本語授業のお手伝い

私のUniversidad Mayor de San Andres (UMSA)での仕事は英語教師、ですが時々日本語の授業に行き、学生たちの日本語力の向上に向けお手伝いをしています。

先日は先生が授業ができないという電話を一通いただいたので、私が代わりに授業をすることとなりました。

突然の電話にて伝えられましたので、私自身授業が事なく進むかどうかが不安でございましたが、どのような日本語が役に立つ日本語なのか、もしくは何が学生が望む内容なのかなどを考慮いたしましたうえで、日本語における物の数え方(例、魚一尾、家一軒、映画一本など)について授業をやることとしました。

教室に到着いたしまして、眺めておりますと、一人私の英語の生徒で山形大学に3週間ほどの滞在ができるという奨学金を勝ち取った生徒がおりました。

その子を見た瞬間に、今日は実践で使えます日本語を教えることにしましょう、と決めました。

そこで物の数え方よりも道の聞き方や道案内を教えることとなりました。

ホワイトボードに地図を書き、右、左、曲がる(ってください)、まっすぐ、角など実際に出くわしそうなものを説明いたし、また学生の皆様にもペアーを作り、片方が道順を聞き、もう片方が案内をするなどのアクティヴィティーも実施いたしました。

学生の皆様の取り組んでいます姿勢を見ていますと、私も、大変笑顔となります。

このようにUMSAの学生は大変外国語の授業を楽しんでいると存じ上げます。

このようなProjecto YOSIとUMSAとの関係がこれからも続き、そしてより強化されていくことを心より祈っております。


ボリビアの民族舞踊(フォルクローレ) Tinkuという北ポトシのダンス。

ボリビア・インターンシップ・プログラム

問い合わせはこちらから。

https://www.yosip.org/uyuniplasticgasolinevolunteer

以下英語版

Helping Japanese Class

So my job at Universidad Mayor de San Andres is to teach English.

However, because I speak Japanese as well, sometimes I show up in class and do some stuff.

Yesterday, I got a phone call from the teacher for Japanese, asking me if I was going to be able to give a lecture instead of him in 1.5 hours.....

What a short notice lol that’s what I said in mind, but because the teacher is a really nice guy who always supports me and I enjoy teaching it, too, I decided to say yes to the offer.

In nearly 1.5 hours, I need to give a class... I don’t even have a textbook... I have no clue what they learned last week... etc

I went online, started surfing the Internet to find some interesting facts about the Japanese language I could possibly talk about.

I ran into some information on how to count in Japanese. Like, you have to use a different unit for different things.

With that idea in mind, I went into the classroom and there are about 30 students sitting already.

Then I saw one girl who won a scholarship and is going to Japan for 3 weeks with it.

Then I came up with an idea. What about teaching them how to ask for directions and explain how to get to places.

Yes, that’s what I did in class. I taught them some words and expressions like “right”, “left”, “go straight”, “where is ~~~”, and so on, that they would need when they are lost in Japan.

I had them do some activities and they seemed to enjoy asking directions with each other and learning how to explain directions.

You have to know how a language grammar works, and how you can use the language properly.

I want to teach both of them for my students so that they will learn faster.

#ウユニインターンシップ #ラパス #海外インターンシップ #ボリビア

中南米旅行、中南米のこと、何かありましたら、

なんでもお気軽にご連絡ください。

​ご相談・お問い合わせはこちらから。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

ProjectoYOSI S.A

tel/ +591-73241121

mail/ yoshi@yosip.org

 © 2020 ProjectoYOSI. All rights reserved.