ボリビア・ウユニ塩湖インターンシップ活動#19


英語教師の1日 in ボリビア


負の世界遺産ポトシ銀山 北ポトシの橋

こんにちわ、ボリビア・インターンシップYoichiです。

さて、おそらく外国で英語を教えるということは一体どういったことなのか、ボランティア教師にしろ仕事として教えるにしても、疑問に思っていらっしゃる方々もいるのではないでしょうか?

本日は私がどのように英語教師としての1日を過ごすかを書きたいと思います。

私はボリビアのラパスにあります大学(Universidad Mayor de San Andres)にて教えております。子供たちや大人に教えるとなるときっと違うと思います。

私はクラスを2つに分けるようにしてます。最初の1時間は毎回同じアクティビティーを、そして後半1時間はその日のアクティビティーをするようにしております。

通常アクティヴィティーの方では主に2つのことをします。1つ目は私が生徒全員を相手にはなし、2つ目はサイトをペアーや小さいグループに分けて会話をさせます。

今日のアクティビティーセクションでは日によって違うことをします。大体私はこのセクションを使い生徒たちの1)文法、2)発音、3)会話・コミュニケーション、4)リスニング、そして5)書き物

のスキルを養わせようとしています。

ですので本日はクラス全体での会話から授業を始めました。私は毎回自分のラップトップを持っていき、音楽を聞かせたり、ヴィデオを見せたりなどをしています。

たまたま自身のラップトップにてオーストラリアとアメリカから来た人が会話をしているビデオを見つけたのでそれも見せることにいたしました。

私の生徒たちはアメリカ英語は大体理解できるのですが、イングランドおよびオーストラリア英語が聞き取れないのです。今回のこの機会は彼らがそれらのアクセントになれる大変良いものでした。

まあ彼らはすべてを理解できたわけではなかったですが 笑

そしてそのビデオについて少し話したりそしてボリビアの伝統、どれほど音楽とダンスが好きかなどを話したりしました。

そしてクラスを小さいグループに分け、会話の練習をさせました。(これが第2パートですね)

本日は好きな俳優と女優についてがトピックでした。

私は別にハリウッドスターや海外出身の方々ではなくてよいといったにもかかわらず、1人を除いて全員がハリウッドスターを選びました(その一人は映画などを見ないらしく、まったくわからないということでした 笑)。

ペアーや小さいグループで会話をさせるとき、

私はどのグループにも同じだけの時間を配るように徹底しております。

大体私は彼らの会話に入り、最初にまずは聞き、そして彼らの発音や文法などを直したりもします。

そして、会話がもっと続くようにもしたりします。

もし誰かが何かを言ったらそれに何かを付け加え、彼らが会話をもっと広げられるようにしたりしています。

このアクティビティーの後(大体10から15分くらいといったところでしょうか)、生徒全体を注目させ、

クラス全体で何を各グループが話し合ったかをシェアさせます。

誰かが何かを言った後に大体私はその他の生徒に発言、コメントや質問など、を促します。

クラス全体で会話をするのもいい練習ですね。

そしてパート2、本日のアクティビティーパートに移るわけです。

前回の授業でディクテーションをさせました。トピックはイングランドでのキツネ狩りについてです。ナレーターはもちろんイングランド人、疑う余地もなく生徒たちは苦しんでおりました。

まづ初めに彼らにトランスクリプションなしで聞かせ、リスニングの練習をさせました。

そしてその後にトランスクリプションを読ませました。

まず私が読み上げ、生徒たちにリピートさせました。これは生徒たちが意味や文法、発音などをきちんと理解させるためです。これを数回繰り返したのちに生徒たちに読ませました。

今回私はしっかり聞き、発音やイントネーションを治すのが目的です。

最後にはシャドーウィングと呼ばれるアクティビティーもしました。

シャドーウィングとは聞いたものを1秒後に影のようにくっついてリピートするものです。

簡単そうに聞こえるかもしれませんが、案外のほかこれは難しいです。

最初に私が見本を見せ、学生に私と一緒にやらせました。

彼らにとっては難しかったと思います。しかしかれらはとても楽しんでいるようでした。

これを数回繰り返したのは、学生たちに使われている単語やフレーズをおぼえてほしかったのと、英語のイントネーションを覚えてほしかったからです。

授業後、私は大体生徒たちが質問に来られるように時間を取るようにしています。もちろん私自身も質問に答えるのが大好きです。

またこの時間が好きなその他の理由は学生たちと自由に交流ができるおかげですね。

そう、こんな感じで私は授業を進めていきます。

もしあなたがボランティアで教師をするとしたら、おそらくたいはんは現地の先生のお手伝いとなることでしょう。あなたが完全に授業をこなす、ということではございませんね。

ところが私の場合は私自身がスケジュールを作り、目標を作り、その作戦を考えたりしています。どれほどの責任感か、これが私がかなりの時間をかけ毎回の授業の準備をする理由ですね。

もしあなたがこのとても素晴らしい英語の教師ボランティアにご興味がありましたら、

是非とも我々にご一報を!

UMSAに多大なる貢献をするとともに、自身にもすることになりますよ!

ボリビア・インターンシップ・プログラム

南米 海外インターンシップ

問い合わせはこちらから。

https://www.yosip.org/uyuniplasticgasolinevolunteer

以下英語版

A Day in the Life of an English Teacher in Bolivia

Some people might be wondering what it is like to teach English in a foreign country regardless of volunteer-teaching or teaching as a career.

Today I would like to talk about how my day as an English teacher goes.

I teach at a university (Universidad Mayor de San Andres aks UMSA) in La Paz, Bolivia, Latin America. Teaching for young children or adults might differ.

There are 2 main parts in my class. I spend the 1st hour doing what I call daily activities and I use the 2nd half for what I would like to call today's activity(ies).

In the daily activity section, I do 2 things; talking to all the students all at once to have a huge conversation, and then having students talk to each other either in a pair or in a small group.

I n the today's activity section, I do different things depending on the day. I typically try to strengthen their 1) grammar, 2) pronunciation, 3) conversational/ communicative, 4) listening, and 5) writing skills.

So today, I started off my class with a daily conversation as a whole. I always bring my laptop with me, so that I can play some music, show my students videos, and so on.

I found some videos on it where some people from different countries (the US and Australia) talk to each other. I have noticed that my students can understand American English but not British/Australian English. So it was a great opportunity for them to get more familiar with different accents.

Of course they did not catch everything though. lol I talked about the video, and changed topics to some Bolivian traditions such as how much they love dance and music.

Then I made small groups in class, and had them talk to each other (the 2nd half of the daily activity part).

Today's topic was favorite actors and actresses.

I did say that they did not have to be Hollywood stars or from English speaking countries, but all of them but 1 guy chose Hollywood movie stars. And the guy who did not does not watch movies, so he had no idea lol

When I have them talk in a pair or small group, I make sure I spend an equal amount of time for each group. I usually join them and listen, then I fix their grammar, pronunciation, etc. Also I try to make the conversation keep going on. When one student says something, I add some more to it, so that they can keep the conversation moving forward.

After this (usually 10 to 15 minutes), I grab attention of the class and have them share with the class what they talked about. After one student talked, I encourage students to make a comment or ask a question. So that we can have a small class discussion.

Then the part 2, today's activity part.

In the last class I had them do dictation. The topic was the foxhunt in the UK.

Of course the narrator is English, and without a doubt, my students struggled.

I had them listen to it once without a transcription to try to understand it.

Then I had them read it.

I read it out loud and students repeated it to make sure nobody had any question on meaning, vocabulary, and pronunciation. I did it a few times, and then I got them to read out loud.

My focus was to correct their pronunciation and intonation.

In the end, I did an activity called shadowing.

Shadowing is to read what you've just heard 1 second after.

It might sound easy but it is not as easy.

I demonstrated it at first then moved onto having them do it together with me.

I'm sure it was very hard for them, but they seemed to enjoy the activity.

I repeatedly did it because I wanted my students to memorize some words or phrases used in it, and to remember English intonation.

After school, I try to spend some time for them to ask me questions. Of course I am very happy to answer them!

I also like this time after class because I can get to hang out with them freely.

So this is what I did in class today!

If you are to volunteer, most likely you are to help the local teacher. You are not fully in charge.

However in my case, I make schedules, objectives, and strategies. How much of responsibility do I have? Which is why I spend a lot of time preparing for each class.

If you want to experience this super amazing English teaching volunteer, please let us Projecto YOSI know!

You will make a huge contribution to UMSA, and grow yourself up a lot, too! ;)

#海外インターンシップ #ウユニインターンシップ #ボリビア #ラパス

中南米旅行、中南米のこと、何かありましたら、

なんでもお気軽にご連絡ください。

​ご相談・お問い合わせはこちらから。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

ProjectoYOSI S.A

tel/ +591-73241121

mail/ yoshi@yosip.org

 © 2020 ProjectoYOSI. All rights reserved.