中南米旅行、中南米のこと、何かありましたら、

なんでもお気軽にご連絡ください。

​ご相談・お問い合わせはこちらから。

ProjectoYOSI S.A

tel/ +591-73241121

mail/ yoshi@yosip.org

 © 2019 ProjectoYOSI. All rights reserved. 

ボリビア・ウユニ塩湖インターンシップ活動#35


大学での英語教師ボランティア、最終日

Hola! ボリビア・海外インターンシップのYoichiです。


ボリビア・スークレ 伝統工芸品(織物)

ついに、この日が来ました。”大学生向けの英語教師ボランティア”がついに終了しました。

このコースを3か月間やることができた、というのは何とも幸せでした。

現地の英語教師の手伝いをする、ということではなく、自分自身で授業の企画、実施、そして修正などをすべてやらせてもらえる。とても貴重な経験でございました。

このように自分自身ですべてをやらせてもらえる英語教師のボランティアはあまりないのでは、

少なくても南米ではあまりないのではと思います。

そしてこの英語教師のボランティアは大学で、でした。小学校や高校ではありません。

普通の英語教師ボランティア(先生の手伝いなど)だとしても大学で行われるということはあまりないと思います。今回のボランティアはこの2つの点でとてもユニークでした。

今の気持ちはやり切ったことでの達成感、生徒たちに対してのうれしい気持ち、この機会を提供してもらえたことへの感謝、そして悲しい気持ちがすべて混じり合っています。

私はただの1ボランティア英語教師、ですがこんなにも学生たちとの距離が近づきました。

ここまで学生たちと近くなって、もう毎週彼らに会うことがないということに対してここまで悲しくなる、

ということはまったく想像できませんでした。

ここが大学で英語教師のボランティアをすることの1番のポイントです。

もし私が高校や小学校でボランティアをしていたらこの経験はできなかったと思います。

彼らは大学生、だからこそ友達のように遊べたし、地元の若者がすることを経験できました。

まさに彼らの一員になれた、ということです。

いくら私が感謝しているかということに関しては永遠と書き続けられるのですが、一言で、今回の経験をまとめたいと思います。

今回のボランティアは私が経験したものの中で最高のものでした。

最後の授業で何をしたかなどは改めて書かせていただきたいと思います。

もし、このラテンアメリカにあるボリビアのラパスにて一生忘れられない素晴らしい友達を作ることに興味がわいてきましたら、是非とも我々にご一報を!

一生に一度の経験になること間違いなしです!

ボリビア・インターンシップ・プログラム

南米 海外インターンシップ

問い合わせはこちらから。

https://www.yosip.org/uyuniplasticgasolinevolunteer

Title:

The Last Day of the English Teaching Volunteer at the University

Main:

So, the day finally came. My "English Teaching Volunteer for University Students"

came to an end.

It was a privilege to do this course for the past 3 months.

Not helping an English teacher but organizing, implementing, and fixing every single class for the better all by myself... Yes, it was for sure a great experience for me.

I do not believe there are a lot of English teaching volunteer opportunities like this where you can manage everything all on your own anywhere, at least in Latin America.

Besides this English teaching volunteer was at a university. Not at an elementary school or high school.

Even just a regular English teaching volunteer typically does not take place at a university.

This one is unique in those 2 ways.

I am feeling so, so satisfied getting done with it, happy for my students, appreciative that I was given this opportunity, and sad all at once....

I mean, I am just a volunteer English teacher, but I've gotten so, so, soooooo close to my students.

How would I have known that I would be so close to them that I am so sad I am not going to see them regularly anymore...

This is the best part of volunteering as an English teacher at a university.

I do not think this would have happened if I had volunteered at a high school or elementary school.

Because they are university students, we got to hang out just like friends and I got to experience what young locals do for fun, with them.

I was able to become a part of a young local generation.

Well, I could keep writing about how much of appreciation I have forever, but I would like to conclude my feelings by saying this.

This is the best volunteer opportunity I have ever done.

I would like to write about how the last class went and what we did in another blog post.

If you are getting interested in making really great friends you can never forget in the future in La Paz, Bolivia, Latin America, contact us!

I guarantee it'll be a once in a life time experience for you!

#海外インターンシップ #ラパス #ボリビア #ウユニインターンシップ