ボリビアでのおでかけ:ボリビア日本語教師インターン


ボリビアでのおでかけ

こんにちは!日本語教師インターンの久保田玲海です。

今回はボリビアでのおでかけ其之一!です。

其之一「おばちゃんプロレス」

おばちゃんプロレスとは、ボリビアでよく見かける民族衣装を身にまとった女性「チョリータ」がプロレスラーとして戦う、ものです。毎週日曜日、エル・アルト市にて開催されています。

ボリビアでは「cholitas wrestling」と呼ばれていて、ラパスの中心地街からもツアーが出ています。

今回私はボリビア人、中国人、日本人の友達と市内を走るミニバスで「おばちゃんプロレス」の会場へ向かいました。

ミニバスは「CEJA」行きのものに乗りCEJAで降ります...ボリビア人のお友達の後をついて行っただけなのでひとりで行ける自信はないです...

赤のテレフェリコ(ロープウェイ)でも行くことができます!

赤のテレフェリコの終点「16 de julio」には展望台がありイリマニ山、ワイナポトシ山とラパスのまちを見下ろすことができます。


また、日曜日は市場が開かれているので、青のテレフェリコに乗るとたくさんの市場がずらっと並んでいる様子を上から見ることができます。(青のテレフェリコは赤のテレフェリコとつながっています)


さて!4時半くらいからおばちゃんプロレスが始まります。

外国人の入場料は高いのですがプロレスリングのすぐ近くの席に案内されます!友達のボリビア人も一緒に見ることができました。

チョリータのおばちゃんやチョリータのお姉さん、プロレスの仮面をつけたおじさん、色々なキャラクターが登場し、プロレスが行われます。悪役とヒーローが戦う、というストーリーもできていて、見ているのが楽しかったです。

そしてこの日のハイライトはチョリータのおばちゃんの「チュウ」でした!一緒に行った日本人の男の子がチョリータのおばちゃんに追いかけかけられ、チュウされる、というパフォーマンスがありました!

そして最後はチョリータさんたちとの写真撮影会ができ、終わりまで楽しむことができました。


普段ラパス市内で何気なく見かけるチョリータが激しくプロレスをしている、といういつもと違った姿を見ることができ、とても興味深かったです。

また、会場には外国人観光客だけでなく、現地の人々もたくさん来ていて、ボリビア人の日曜日の楽しみになっているんだなぁと感じました。子どもたちがヒーローのチョリータを一生懸命応援している姿が可愛かったです。

ボリビアでのおでかけ「おばちゃんプロレス」はこのようなかんじでした!

私はボリビアのチョリータにすごく興味があり好きなので、見ていて楽しかったですが、人によっては飽きちゃう、という人もいるかもしれません...!

私のおすすめは「おばちゃんプロレス」の帰りはテレフェリコ(ロープウェイ)を使う!ことです。ラパス市内の夜景を一望することができます。

以上がボリビアでのおでかけ其之一です。

其之二をお楽しみに!!!

#ウユニインターンシップ #海外インターンシップ #ラパス

中南米旅行、中南米のこと、何かありましたら、

なんでもお気軽にご連絡ください。

​ご相談・お問い合わせはこちらから。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

ProjectoYOSI S.A

tel/ +591-73241121

mail/ yoshi@yosip.org

 © 2020 ProjectoYOSI. All rights reserved.